ダイエットに役立つ生姜紅茶の作り方について

おいしい生姜紅茶ダイエットの作り方をご紹介しましょう。
まず、沸騰したお湯でお好みの濃さの紅茶を作ります。
そこに、すりおろした生姜を小さじ1杯~2杯加えます。これだけだとかなりクセがあって飲みにくいので、ハチミツや黒砂糖を少量加えて甘みを出したらおいしく仕上がります。
生姜は生のものでも良いですが、市販のチューブの生姜でも作ることができます。香りや風味にこだわるなら、生の生姜を使った方が良いでしょう。
ハチミツや黒砂糖には鉄分などのミネラルが豊富に含まれているので、紅茶に入れると色が赤から黒っぽい色に変わります。黒くなった状態のほうが、体を温めたり代謝を良くするといわれているので、黒くなって気持ち悪いと思わずにこの状態を飲むようにしましょう。
また、ダイエット効果だけでなく、ミネラル豊富な黒砂糖や蜂蜜を生姜紅茶を足すことで滋養強壮効果を得ることができます。ダイエット中はどうしても栄養が不足しがちですが、おいしい生姜紅茶で栄養補給ができるのでうれしいですね。
ちなみに、生姜紅茶の1日の摂取量の目安は、マグカップに2杯~6杯です。ダイエット効果を高めるためには、まずは起きてすぐのモーニングティー、そして、運動前や入浴前に飲むようにしましょう。
おやつ代わりやのどの乾きを潤す時など、こまめに生姜紅茶を飲みましょう。
朝飲むことをおすすめするのは、体温が低く代謝も低下した体をしっかりと温めて目覚めさせるためです。
生姜紅茶の利尿作用や発汗作用を上手に利用するためには、運動や入浴前の摂取がおすすめです。
生姜紅茶を飲んで半身浴をすると、たっぷり汗をかくことができてデトックスや美肌にも効果的ですよ。