サプリメントと酸化しやすい悪玉コレステロール

体内の悪玉コレステロールが増えすぎると、血栓による動脈硬化の危険性が高くなります。
悪玉コレステロールは、活性酸素によって酸化しやすく、血管壁に傷を作ります。
動脈硬化の原因である血管中の血栓は、血管壁に傷がついたことがきっかけで集まってきた白血球が重なってコブになり、血液の流れを阻害することが起因しているといわれています。
酸化によって血管内壁を傷つけないようにすることは、動脈硬化予防のためには必要なことです。
悪玉コレステロール対策としてサプリメントを飲む場合、酸化を防いで効率的に栄養成分を取り入れられる成分を意識して摂取しましょう。
悪玉コレステロールの酸化を防ぐ効果がある成分はいくつかあり、ビタミンC、ウコンに含まれるクルクミン、カテキン、ピクノジェール、ビタミンE、アスタキサンチン、βカロチン、リコピン、αリポ酸などの成分が挙げられます。
コレステロール値を下げるためには、レシチン、キトサン、イヌリン、セサミンなどを主成分とするサプリメントや、ローヤルゼリー、黒酢、マイタケなどを原料として製造されたサプリメント、ビタミンB、大豆たんぱく配合のサプリメントなどがおすすめです。悪玉コレステロール対策に役立つサプリメントは、非常に種類が豊富で、価格も安い物から高い物まで様々な製品が市販されています。
悪玉コレステロールをサプリメントで対策する場合は、どのサプリメントが自分に合っているかよく相談してから選ぶようにしましょう。

悪玉コレステロールを減らすサプリメント

悪玉コレステロールは、ストレス、たばこの吸いすぎ、運動不足、野菜不足などの生活習慣を続けていると増えてしまいます。
サプリメントで対策する場合でも、普段の生活習慣や食事内容の確認を怠らないことが大切です。
体内の悪玉コレステロールを減らして健康的になるためには、サプリメントを飲むだけでなく適度な運動や規則正しい生活が大事なのです。
アメリカの研究では、体内のコレステロール値が180以上になったときに心臓病リスクが上昇すると発表されています。コレステロール値があがると、心臓病リスクが高くなるのは言うまでもありません。
紅麹菌は、血中のコレステロール値を下げる効果に期待されている成分ですが、意外にもサプリメントには多くの成分が使用されています。
麹は通常、淡緑色をしていますが、紅麹は鮮やかな赤で、お酒を醸造する時などに用いられています。
悪玉コレステロール減少だけでなく気持ちを落ち着かせる効果などもある有用な成分です。
また、DHA配合のサプリメントは、悪玉コレステロールを減らすだけでなく、脂肪燃焼効果もあります。
DHAはイワシやサンマなどの魚に含まれていますが、魚をあまり食べなくなった現代人も、サプリメントであれは手軽に摂取することができるでしょう。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た作用を持つ成分です。
大豆には特に多く含まれていて、悪玉コレステロール対策や更年期障害の軽減、乳がんの予防などに効果があるといわれているので、サプリメントとして取り入れる女性も多いようです。

下半身のダイエット

下半身の脂肪が気になってダイエットしたことがある人はたくさんいると思います。
特定の部分を細く引き締めたいと思っている人は少なくありません。
特に下半身は、なにがなんでも細くしたいと思ってダイエットに励んでいる人がとても多いものです。
お尻や太ももはどうしても脂肪が付きやすいので、体重が増えるとすぐ下半身のラインがボテッとするという人もいると思います。
困ったことに、年齢を重ねると体重が変わらなくても下半身が太くなることもよくあります。
その原因は、使うことがなくなった筋肉が少しずつ脂肪になるからです。
筋肉と脂肪は、筋肉の筋肉の方が重いので、体重が変わらなくても筋肉が脂肪に変わってしまうと体型は太く見えるのです。
女性は特に下半身に脂肪がつきやすいので、下半身から体型が崩れやすい傾向にあります。
太ってないはずなのにお気に入りのパンツがきつくなった、ということがあったら、ダイエットに取り組むべき時かもしれません。
ダイエットをするときは、積極的に運動を行うことで、下半身に蓄積した脂肪を減らすことができます。
運動して下半身の筋肉を鍛えると、筋肉でゴツゴツして女性らしいラインになれないと思ってる人もいるようですが、一般の女性がおこなう程度の運動で筋肉ムキムキになることはありません。
下半身ダイエットに適した運動をおこなうと、下半身に蓄積された余分な脂肪が減って引き締まり美しいラインが手に入ります。

やせる運動を効率よくするために

ダイエットに無酸素運動を取り入れている人も多いようです。
無酸素運動は、短時間で結果が出るような、瞬発的な動きを要する運動のことをいいます。
代表的な無酸素運動には、短距離走や重量挙げなど、グッと息を止めて力を込めるようなスポーツが挙げられます。
日常的におこなう無酸素運動には、きつめの筋トレなどがあります。
無酸素運動は、体内にある糖質をエネルギーとして使います。
筋肉があれば糖質の消費率が上がるため、痩せる効果が高くなります。
筋肉を鍛えと筋肉が増えて強くなり、新陳代謝が活発になってより糖質を消費しやすくなります。
そのため、痩せるためには筋肉をつけることが大切であるといわれているのです。
筋肉を鍛えるためにはストレッチも効果的です。
ストレッチは、全身の筋肉を伸ばして体を柔軟にし、運動効果をアップさせる効果があります。
痩せるための運動にはいくつかの種類がありますが、すべての運動に共通しているのは、無理をせずに継続できる運動であることが重要だということです。
運動によるダイエットは、単純に体脂肪を燃焼させて体重を落とすという意味ではなく、筋肉を増やして体脂肪が燃焼しやすく蓄積しにくい体質づくりをしていくということに意味があるのです。

やせる運動のメカニズム

ダイエットするとき、有酸素運動、無酸素運動、ストレッチを習慣にしておこなうと効率よく痩せるといわれています。
有酸素運動は、呼吸をして酸素を取り込みながらおこなう運動のことで、ウォーキングや軽い水泳、自転など、長時間継続してできるのが特徴です。
たとえば、誰かと一緒にウォーキングをするとき、会話をしながら歩くと少し息が上がる程度、という強度の運動が目安となります。
有酸素運動は体内に酸素を取り込みながら運動をしますが、そのとき体脂肪と糖をエネルギーとして消費します。
その結果体脂肪が燃えて痩せることができるのです。
運動をするときに使うカロリーは、はじめは体脂肪ではなく血液の中の糖から消費していきます。
血液中の糖に次いで、筋肉や肝臓にあるグリコーゲンが消費されます。
血液中の糖やグリコーゲンを使うのには20分程かかるといわれているので、体脂肪を燃やすためには20分以上続けて有酸素運動をする必要があるといわれているのです。

やせる運動について

脂肪燃焼を促進して痩せるためには、毎日の運動が大切といいますが、痩せるための運動とはどのような運動をいうのでしょうか。
運動ならなんでも、続けさえすれば痩せると思っている人もいると思います。
運動にはいくつかの種類があり、痩せるために効果的な運動というものもあるそうです。
痩せやすい運動を続けることによって、体脂肪を燃焼し、脂肪が蓄積されにくい痩せ体質に改善することができます。
体内に酸素を送り込みながらおこなう運動を、有酸素運動といいます。
これに対して、無酸素運動は体内の糖質を使っておこなう運動です。
どちらの運動をするにしても、事前にストレッチなどの準備運動をすることが大切です。
毎日のストレッチや、定期黄な有酸素運動、無酸素運動を続けることで、着実に痩せ体質へと変化していきます。
ダイエットというと脂質や糖質(炭水化物)を減らして痩せるというイメージがありますが、食事のカットをすると栄養不足に陥ってしまうことがあります。
美容と健康を考えて健康的に痩せるためには、栄養不足は避けたいですね。
運動を取り入れたダイエットは、しっかり食べながら痩せることができるので健康的です。
少々カロリーが高い食事をとっても、その分運動を増やすという方法で調整できるのも運動のメリットです。

脚やせダイエットとふくらはぎストレッチ

脚やせダイエットに成功するためには、キュッと引き締まったふくらはぎを手に入れるストレッチがおすすめです。
太ももは、服装によってはうまく隠して目立たなくすることができますが、ふくらはぎはひざ丈のスカートからは見えてしまいますし、ふくらはぎが太いと足全体が太く見えてしまいます。
むくんでパンパンになって太って見えることも多いのがふくらはぎの特徴です。
ふくらはぎを細くするためには、脂肪燃焼よりもむくみ解消のほうが効果的ともいわれています。
下半身は、重力の関係で老廃物や余分な水分が蓄積されやすく、むくみやすいのは仕方がないことです。
しかし、体内に老廃物が溜まるとダイエットしても痩せにくく、エクササイズなどの効果もあらわれにくくなってしまいます。
ふくらはぎのストレッチをすると、老廃物が排出されやすくなり、むくみも取れて脚がスッキリするので、時間がある時にこまめに実践してみましょう。
ストレッチをする前には、多めに水を飲んで代謝を促進するとダイエットに効果的です。
難しいことはしたくないという人でも、つま先立ちとかかと立ちを10秒ずつ繰り返すだけのエクササイズで充分効果があります。
むくみが気になる人は、5回1セットで4~5セットの運動を毎日続けると効果があります。
このストレッチは、椅子に座ったままできるので、腰が痛い人もできますし、デスクワークの合間にこっそりおこなうこともできます。

脚やせダイエットと太ももストレッチ

脚やせダイエットをするためには、太ももとふくらはぎの2カ所を重点的にストレッチしましょう。
脚やせダイエットのためのストレッチをするときは、ゆっくりとした動作でおこなうのがポイントです。
素早く動いたり反動をつけて脚の曲げ伸ばしをするのはストレッチではありません。
ゆっくりと筋肉を曲げ伸ばししましょう。
太もも痩せに効果のあるストレッチの代表は、もも上げストレッチです。
壁に片手をついてまっすぐに立ち、右足のひざを曲げてゆっくりと高く持ち上げます。
そのまま15秒数えたらゆっくりと下ろしましょう。
左側も同様に、5~10回を1セットとしておこないます。
足を前に挙げることで、太ももの前側を、後ろに上げることで太ももの後ろ側のストレッチになります。
脚痩せストレッチは、ひとつの動きにつき5回1セットとして、3~4セットおこなうのが理想的です。
ストレッチが終わったら、疲れが残らないように、しっかりクールダウンしましょう。
足首から上に向かってマッサージするのが効果的です。
リンパの循環が良くなり、老廃物の排出が促されてむくみもスッキリ取れます。
脚痩せダイエットは、短期間で簡単に効果が出る物ではありませんが、あきらめずに継続すれば必ず効果が出てくるので地道に続けてみましょう。

脚やせダイエット

脚を細くしたいためにダイエットをしている人はたくさんいます。
部分痩せしたい部分というと、脚、お腹、二の腕などがありますが、体重と体脂肪を減らす普通のダイエットより、部分痩せダイエットの方が難しいといわれています。
その理由は、ダイエット効果を出したい部分が小さすぎるからです。
食事制限をする普通のダイエットで部分痩せすることはできません。
部分痩せダイエットに成功するためには、細くしたい部分の筋トレやマッサージ、エクササイズなどが必要です。
下半身には脂肪や老廃物が蓄積しやすいので、脚やせをしたくてもなかなか思うようにいかないものです。
重力が働いている以上、脚が太くなってしまうのは仕方がないことでもあるのですが、脂肪や老廃物が蓄積されやすいからといって、すべての人の脚が必ず太くなるわけではありません。
実際に脚が細い人はたくさんいますし、部分痩せに成功して引き締まった脚になることを実現した人もいるのです。
美脚を目指すためにはどのようなダイエットが適しているのかというと、まずは老廃物が脚に蓄積しないように血流とリンパの流れを改善することが大切です。
むくみを解消して不要な水分や老廃物が停滞しないようにしましょう。
ストレッチをして脚の筋肉を動かすのがもっとも効果的です。
脚のストレッチを毎日の習慣にすると、むくみや脂肪太りの予防と解消につながります。

異性から見た理想の体型

ダイエットの目標に掲げる理想体型は、あくまでも個人的な主観によって思い描かれています。
理想の体型といっても、女性と男性では感じ方が全く違うのが特徴です。
男性が女性に求める理想体型は、メリハリのある女性らしい体つきです。
アメリカのある研究結果では、男性に女性の理想体型を聞くと平均体重に近い体型を挙げたそうです。
メリハリの目安は、ヒップのサイズに対してウエストサイズ0.7となります。
ウエストとヒップの比は、ウエストの数字をヒップの数字で割ると出すことができます。
グラビアアイドルはこの体型に近い数値の近いという事例もあるそうです。
理想体型になるためには、ダイエットして単純に体重を減らせば叶うわけではありません。
女性らしいめりはりのある体つきになることが大切です。
男性から見てセクシーで魅力的な体型になりたいなら、ウエストにくびれを作りながらバストやヒップは適度な丸みと大きさを維持することが大事です。
また、男性は筋トレをしてムキムキの体を目指す傾向がありますが、女性から見た男性の理想体型は、全体的に細身でも適度に筋肉が乗った細マッチョ体型だそうです。
異性間で理想体型にはずいぶん違いがあるものですね。