過払い金返還請求

最近なにかと話題の過払い金請求ですが、借金をした時の契約書や取引履歴の詳細がわからないとできないと思われがちです。でも実際には、手元に書類が何もない場合や、記憶が定かでない場合にも、取引履歴の開示請求をして無駄のない交渉を続けることで過払い金が戻ってくることがあるそうです。

そして、もう何年も前に完済した借金でも、返還請求をすることが可能なのも特長です。借金の最後の返済、もしくは完済から10年が時効になるので、それより前であれば返還請求ができます。

借金を完済した後に、また新しい借金ができて、多重債務に苦しんでいる場合でも完済したぶんの過払い金がかなりの金額になって戻ってきたので、黒字になったという話はけっこうよくあるそうです。

戻ってきた分で新しい借金を完済できたという人もいます。過払い金請求は、長期間にわたって返済をしているところや、利息が高い所だけ選んで請求することができます。

過払い金請求の場合、着手金は無料で、返還金額の20%程度を費用として法務事務所に支払うことがほとんどなので、先に費用を用意する必要もありません。

昔、完済した消費者金融の借金があるけど、もしかしたら過払いしているかもしれないという場合には、法務事務所の無料相談フォームなどを利用して即日融資 債務整理などの相談をしてみるといいかもしれません。

ブラックリストを管理する信用情報機関

ブラックリストに載ったというと、自己破産をしたのと同様にとてつもないことをしでかしてしまったような気になります。確かにブラックリストに載ると、ある一定期間クレジットカードをつくったり、サラ金からお金を借りることができなくなります。

しかし、それほど大げさに考えることはありません。考えようによっては、幸せと言えるかもしれないのです。なぜかって? 無借金生活がスタートするからです。

ブラックリストとは、金融機関が利用者の支払い能力を判断したり、未然に金融事故を防ぐためにつくられた個人信用情報のことです。クレジットカードやローンなどを利用すると、クレジット会社や貸金業者が会員になっている個人信用情報機関に消費者の信用情報が自動的に登録されます。

そして、これらの取引において、返済や支払いが滞ったなどの事故があるかないか、また、手形交換所の不渡り、取引停止処分情報があるかないかなどの情報がデータとして登録されます。

そして、登録されたデータは、会員であるその他のクレジット会社や貸金業者たちにも利用されるようになっています。現在、国内にある個人信用情報機関は5つあります。

信販会社、クレジット会社、クレジットカード会社等が会員になっており、保証履行をした事実および債務の支払いを延滞した事実は、契約終了日より5年を超えない期間保存されます。

今では多くの情報媒体があるので、一般消費者は、よりヤミ金に対する知識を積極的に取り入れ、ヤミ金 相談を含め自衛策を講じるべきです。