任意整理や自己破産だけが借金整理ではない

借金を整理する際のひとつの目安は、負債総額は300万円を超えていたり、借入件数が7件も8件もあって年収をオーバーしていると、弁護士に「任意整理」を頼んで、それでも交渉が決裂するようなら、自己破産というのが一般的でした。

弁護士に頼むお金がある人はいいのですが、そうでない人は、だれにも相談できず返済地獄に苦しむだけ。多重債務に苦しむ人の救済手段としての法律が確立されていなかったのが、これまでです。

しかし、そのような人を救済すべく、平成12年2月に民事調停法の特例として、「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」という長い名称の法律が施行されました。この法律に基づいて行われる裁判所での手続きが「特定調停」と呼ばれています。この特定調停は、裁判所が行なう任意整理といっても過言ではありません。

「任意整理」は、弁護士が債務者の代理人になって、債権者と電話などで、直接交渉を行なって返済方法について話し合いをします。

一方、「特定調停」は、債権者と債務者双方の間に裁判所の調停委員と呼ばれる弁護士資格を持った人が仲裁役となって、三者で返済方法を協議するものです。しかし、この特定調停はだれでも利用できるわけではありません。

気になる部分の体脂肪だけ落とすことはできる?

だれが見てもスリムな体型なのに、「痩せたい」という人が少なくありません。本気で今以上に痩せたいの?と思えば、本音は「もっと、プロポーションがよくなりたい」なのです。

つまりは、部分痩せ願望。太っているわけではないけれど、デレンと下垂ぎみのヒップをキュンと引き締めたい。太ももを引き締めたい。というように、とくに下半身痩せを願う女性が多く見られます。

雑誌でも「部分痩せ」のダイエット特集は定番で、永遠のテーマのようです。もともと若い女性は、ホルモンの影響で下半身に脂肪がつきやすいもの。しかも日本人女性は民族的な特性も手伝って、下半身肥大型になる傾向があるのです。しかし、体はひと続きにできているのですから、足の体脂肪が減れば、お腹やバストの体脂肪も減って当然。

量の違いはあっても、一部の体脂肪だけが減ることは、あり得ないのです。ただし、筋力トレーニングを行えば、部分的に「引きしめる」ことは可能です。

たとえば、腹筋運動を行えば、腹筋が強化されて、お腹のラインが引き締まります。また、筋力を高めれば基礎代謝量もあがり、体脂肪を効果的に燃やせる太りにくい体へ、と変えていくことができます。

全体的に引き締まってくれば、気になる部分も、自然とスリムになっていくでしょう。いずれにしても、プロポーションの美しさを目指すならば、部分にこだわるより、全体にバランスよく筋力アップしたものです。

楽して、リバウンドしない引き締まったカラダになれたら素敵だと思いませんか? たかの友梨のキャビテーション効果で選ぶ なら、話題の美容マシン「キャビテーション」を使って、リバウンドしない美しいボディをつくり出せます!

デリケートゾーンの脱毛に優れているサロン

デリケートゾーンの脱毛も、今や身だしなみの一つというのは、ご存知でしたか? 近年、デリケートゾーンの脱毛が定着するほど、多くの女性がデリケートゾーンのケアをしています。

「普段見える部分じゃないし、まぁいいや」なんて言っていると、いざという時に恥をかいてしまいますよ。プリートのハイジニーナ脱毛は、「ハイジニーナ脱毛をするならプリート」と言われるほど定評があります。

プリートで脱毛をしている80%近くの方が、V・I・Oいずれかの部位の脱毛をしているくらい、デリケートゾーンの脱毛に優れているサロンなので、「脱毛したいけど、恥ずかしい」と思っている方は、是非プリートでハイジニーナ脱毛を始めてみてください。

お客さんの80%近くの方がデリケートゾーンの脱毛をしているだけあって、プリートのスタッフはデリケートゾーンを見慣れているので、お互い気まずい雰囲気になる事はありませんし、スムーズに施術を進めてくれるので気にすることはありません。

施術も、施術用のパンツをはいて行うので、デリケートゾーンを完全にさらけ出すわけではありません。今なら、友達割もあるので、なかなか踏み出せずためらっている方は、ぜひ友達を誘ってみてはいかがでしょうか? 友達と一緒なら、勇気も出るし、恥ずかしさも軽減しますよね。

プリート ハイジニーナの脱毛は「一人ひとりに安心ていねいな施術」「脱毛に留まらない美肌ケア」をモットーに施術を行っているので、きっと満足出来る仕上がりになります。

もう一度「自己破産」とは何かを考える 

――借金を支払わずに(免責を受けて)、経済的に再出発ができる。債務整理の方法―― これが自己破産です。

任意整理や個人再生では減額した借金の返済が前提にありましたが、「借金を支払わない」というところが大きく違います。任意整理も個人再生も難しい場合、最後の選択肢が自己破産です。

引き直し計算をしても借金残高が多く、いまの収入では到底返済できない場合の救済です。この自己破産を債務整理の本丸のようにいう方もありますが、自己破産はあくまで債務整理の最後の手段と考えています。

ヤミ金は別として、借金した相手が貸金業者であっても、道徳的にも法律的にも、借りたお金は返すのが筋というものです。ただ、その利息計算が違法であれば、利息制限法という法律で認められた利率で引き直して支払えばいいのです。引き直し計算を行なって借金が減額し、無理なく支払えるようであれば任意整理を選ぶ。

それが無理なら、個人再生で借金の大幅な減額を受けて支払う。それでも支払いができなければ、法律で認められている自己破産を選ぶ。それでいいのです。

今も強烈に覚えている一つの事件があります。平成19年7月20日、大阪市東淀川区で起きた一家4人の無理心中事件です。ご主人(34歳)には事業資金にした数百万円の借金があり、自宅からはサラ金の明細書が見つかっています……。

繰り返しになりますが、どうしても支払いができない状態であれば自己破産を選び、人生を再スタートさせることです。道はあります。