もう一度「自己破産」とは何かを考える 

――借金を支払わずに(免責を受けて)、経済的に再出発ができる。債務整理の方法―― これが自己破産です。

任意整理や個人再生では減額した借金の返済が前提にありましたが、「借金を支払わない」というところが大きく違います。任意整理も個人再生も難しい場合、最後の選択肢が自己破産です。

引き直し計算をしても借金残高が多く、いまの収入では到底返済できない場合の救済です。この自己破産を債務整理の本丸のようにいう方もありますが、自己破産はあくまで債務整理の最後の手段と考えています。

ヤミ金は別として、借金した相手が貸金業者であっても、道徳的にも法律的にも、借りたお金は返すのが筋というものです。ただ、その利息計算が違法であれば、利息制限法という法律で認められた利率で引き直して支払えばいいのです。引き直し計算を行なって借金が減額し、無理なく支払えるようであれば任意整理を選ぶ。

それが無理なら、個人再生で借金の大幅な減額を受けて支払う。それでも支払いができなければ、法律で認められている自己破産を選ぶ。それでいいのです。

今も強烈に覚えている一つの事件があります。平成19年7月20日、大阪市東淀川区で起きた一家4人の無理心中事件です。ご主人(34歳)には事業資金にした数百万円の借金があり、自宅からはサラ金の明細書が見つかっています……。

繰り返しになりますが、どうしても支払いができない状態であれば自己破産を選び、人生を再スタートさせることです。道はあります。

今はネットでもヤミ金業者との交渉に慣れていて、ヤミ金 被害 相談に力を貸してくれる弁護士事務所が多く紹介されているので、利用するのも良いかと思います。

不貞行為があったとき

「離婚もやむを得ない」とされる不貞とは、法律的には結婚相手とは別の異性との間に、自由意思に基づいて性的関係を持つことをいいます。要は「浮気」ということですが、実際には不貞を定義することは難しいものです。

というのも、同じ状況でも価値観によって受け取り方がまったく違う場合があるからです。「たまたま出張先で入ったクラブのママと意気投合して一夜をともにした」「10数年ぶりに合った昔の同級生と話がはずみ、何度かお酒を飲みにて楽しかった」というのはどちらも受けとめ方によって不貞ともそうでないともいえます。

しかし、裁判ではその不貞が「婚姻関係を破綻させたかどうか」が焦点となります。1度限りの浮気であっても不貞は不貞ですが、家庭や配偶者を大切にする気持ちもあるし、十分反省しているといった場合には、婚姻関係を破綻させたとまではみなされません。

したがって、裁判離婚の原因として認められる不貞とは、ある程度継続的で肉体関係をともなう男女関係を指すと考えればいいでしょう。とはいえ、肉体関係の証拠を押さえられていないから不貞行為とはみなされず、絶対に離婚される心配はないというわけでもありません。

夫と女性との間の肉体関係を示す確たる証拠はないが、二人の交際状況からみて妻が夫に対し不信感を抱くのは無理もないということで、離婚を認めたケースもあります。

40年の実績がある原一探偵事務所は、信頼できる探偵事務所です。調査の方法や探偵 料金についてはお客様の事情に合わせて提案し、お客様といっしょに方法を決め手いきます。電話・メールでの無料相談も実施しています。

激増する違法貸金業者とその被害者たち

ヤミ金とは、簡単にいえば違法な貸金業者のことです。法律で決められた上限をはるかに超える高い金利でお金を貸し、恐喝まがいの言動や暴力を振るうなど悪質な取立てで被害者を追いつめます。

このヤミ金業者が激増しています。「ヤミ」金ですから、どれくらい増えているのかという正確の数字はわかりませんが、貸金業登録数から推測することはできます。

サラ金など貸金業者の営業活動を規制するために、貸金業規制法という法律があり、その中で貸金業登録という制度が設けられています。これは、貸金業を営む時には、都道府県に届け出をしなければならないという制度です。

そして、この届け出をした大部分がヤミ金業者であるといわれているのです。このほかに、貸金業登録さえしていない、ヤミ金業者もありますから、実際の業者数は相当な数に上るはずです。

ヤミ金が増えているウラには当然、被害者がいます。ヤミ金事件の検挙件数は毎年事件数で400件前後、検挙人員で800人前後です。この数字は摘発されたケースについてのみですから、実際にヤミ金の取立てに怯えている表面にあらわれない、被害者の総数は膨大な数になることでしょう。

一説には、全国でヤミ金被害者は200万人とも300万人ともいわれています。ヤミ金は、全国の多重債務者を主なターゲットとしています。ただでさえ借金の返済に苦しんでいる人を、さらに借金地獄へ誘い込もうとしているのです。

ヤミ金から多額の借金を抱えていても、暴力的・脅迫的取り立てを受けていても、解決できない問題はないので、できるだけ早く法律事務所などに借金 無料相談してみてください。

頭部への刺激が血行を改善し育毛を促進する?

以前日本中に出回ったデジタルカアウンター式のヘアブラシはアメリカの国際皮膚科学会で笑いの種になりました。しかし、このアウンター式ブラシをばかにして笑った研究者たちの国にも、相当インチキなものがっ出回っていたのではないでしょうか。

ただ、腕やsune ネなど体毛が生えている部分の皮膚を繰り返し摩擦することで、その部分の体毛が濃くなることがあります。しかし、頭髪も摩擦すれば太い毛が生えてきたり抜け毛が減る、あるいは軟毛化を防げるという実証は得られていないのです。

いくつかの育毛剤や養毛剤の説明書には、マッサージなど頭部への刺激が血行を改善し育毛を促進する、というような事柄が記されていますが、これは正確に言えば「科学的事実ではありません。

もともと血圧を下げる飲み薬として使われ、現在は頭皮に塗って脱毛を治療する薬として使われているミノキシジルも、当初は「血行をよくするので育毛効果がある」と考えられていました。しかし、ミノキシジルの効果は毛乳頭細胞に作用して毛の成長を促す因子を放出させることによるものだ、と今では明らかになっています。

AGA治療専門・銀クリ(銀座総合美容クリニック)は、抜け毛・薄毛の主な治療薬であるプロペシア(フィナステリド)やミノキシジルなどの効果的な内服・外用薬での治療を行っています。あなたの抜け毛・薄毛の悩みを解消します。

ヤミ金は違法ですか?

ヤミ金。言葉として知ってはいても、実際に利用した経験がないとその実態というのは普通の人にはわかりにくいでしょう。このヤミ金を題材にした映画や漫画が多く出ていて、ヤミ金は悪いことなのか、違法なのか。まずここからわからないという人がいます。「ヤミ金は違法ですか?」こういった質問もよく聞きますよね。

まずヤミ金の定義ですが、第一に『貸金業の登録』これを行っていない業者がこれに当たります。一般的に銀行以外でお金を融資する金融業において、この貸金業の登録をしていないと違法営業という状態なので、ヤミ金に当たります。

第二に金利の制限を守っていない。これもヤミ金に当たります。「トイチ・トサン・トゴ」といった言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。

トイチであれば年間360%以上の金利を払うことになり、5万円を借りると、年間15万円以上の金利を支払う必要が出てきます。トゴになればもっと多くなります。こうなってくると利息の返済すらままならなくなります。

この2点はヤミ金の一般的な定義ですから把握しておきましょう。ちなみに、ヤミ金は警察でも対応してもらえる事案ですから、もし利用して法外な利息で、暴力的、脅迫的な取り立てをされている場合には、すぐ警察の生活安全課に行きましょう。

今では多くの情報媒体があるので、一般消費者は、よりヤミ金に対する知識を積極的に取り入れ、ヤミ金 相談を含め自衛策を講じるべきです。

「四十九日」の教え

初七日や四十九日、一周忌、三回忌といった仏事がありまう。実は神道にも十日祭、百日祭、三年祭と、仏事によく似た神事があります。仏教の教えと神道の教えがこんなに一致するという偶然は、まず考えられません。

通夜、葬儀に始まる葬送行為には、故人を送るとともに遺族のいやしという働きがあります。残された者がより集い、死を事実として受け入れ、悲しみをのりこえて日常の暮らしに戻り、新しい生活をつくり出していく。そうした心の区切りを遺族に促すことを、初七日や四十九日として教える。これもまた先人の知恵です。

その知恵は、無宗教葬儀にも生かしたいものです。初七日や四十九日といった日数にこだわらなくていいけれど、区切りごとに遺族や親族が集まって故人を偲び、互いを思いやることには意味があります。

葬儀のあとに死去を知った友人が次々と訪問し、遺族が応対しきれないということもあります。四十九日にならって、例えば「偲ぶ会」などの日取りを決めておけばそんな気苦労も防げます。

無宗教者に戒名や仏壇はいらないけれど、故人を思い偲ぶためには遺影や花飾りはほしいものです。最近では、遺骨の一部をオブジェやプレートに埋め込み、これを仏壇のようにして身近に置くという方法(手元供養)もあります。遺骨を埋葬せずに身近に保管するのは、法律違反ではありません。

参列者は無宗教者だけではありません。仏教徒もキリスト教徒もいます。それぞれにふさわしい形でお別れをしてもらいたいという思いから、喪主はこれを お葬式 安い「自由葬」と呼んでいました。

自己破産の費用はいくらかかる?

自己破産は、一定の財産がある人と、借家暮らしで家財道具くらいしか財産がない人ではやり方が違ってきます。財産がある人の場合は、その財産を全部処分して債権者に支払うことになるので、その役目をする破産管財人が必要となり、手続きも費用もかなりかかります。

ここでは、ほとんど金目のものがない人の自己破産の場合を考えてみます。方法は3つあります。①自分でやる場合 ②弁護士に依頼する場合 ③司法書士に依頼する場合、です。

最初は自分でやる場合です。自分でやれば実費だけですむので、一番安上がりであることは間違いありません。費用はおおよそ10万円以内であがります。実費というのは書類に貼る収入印紙代、裁判所が債権者に通知するための郵便切手代、それから裁判所に払う予納金が主なものです。

この中で大きいのは予納金で2万円~5万円。予納金は破産の申立てのときと、もう一回免責の申立ての際にもかかってきます。これら全部を合わせても、実費は10万円以内で納まるはずです。

弁護士さんや司法書士の先生に依頼すると、その手数料がかかってくることになります。弁護士さんの手数料は、免責まで行ったとして、40万~60万くらいでしょう。その分が加算されます。司法書士さんに頼むと弁護士さんの約半分の手数料ですみます。

実費を合わせると、自分で行なう場合は8万~10万円くらい、弁護士さんに頼むと50万円~70万円くらい、司法書士さんだと25万から35万円くらいになります。

自分でやるのが費用的にはいちばん楽ですが、やり直しでモタモタすると、借金はそれだけ膨らんでしまいます。早くスッキリ出直したいなら、迅速確実に目的に到達できる弁護士参加司法書士さんに頼むのが賢明でしょう。

過払い請求の電話相談

借金の戻し、返還金。こういった言葉を最近よく聞く機会が多くなったと思いますよね。平成18年ごろからテレビCMでも司法書士事務所や弁護士事務所が、過払い請求の電話相談や地域相談会といったものを頻繁に行っています。こういった過払い請求の電話相談を活用して、実際に払いすぎた借金の戻りを受け取ったという人がたくさんいます。

普通に考えると、きちんと登録された消費者金融からお金を借りて、普通に返済をしたのに戻りがあるということを疑問に思うかもしれませんが、以前設定されていた金利が違法であると裁判所が判断したことで、利用者のほぼすべてがこの過払い金の返還請求の対象となりました。

10年という時効があるため、平成28年を超えると対象者が減ってしまいますが、まだ、過払い金の返還というものは可能になっています。ただし、時効の10年は、取引全体の最終取引日の翌日から10年ということ。すぐに同じ業者から借金すれば一連の継続した取引とみなされる。ということも覚えておいた方がいいでしょう。

借金をした経験があり、過払い金があるなら戻しが欲しい。このように考える人は多いと思いますから、借金した経験があるという方は、過払い請求を活用するということをぜひ考えてみてください。今ならほぼすべての人が対象になっていると思いますよ。

ヤミ金の銀行口座を封鎖する

ヤミ金を側面から攻撃する方法もあります。ほとんどのヤミ金は、銀行口座を指定してカネを振り込めといってきます。このヤミ金の銀行口座を使用不能にする方法があるのです。ご存知の方もいるかもしれませんが、銀行の口座には「マネーロンダリング」に関する規制があります。

マネーロンダリングは「資金洗浄」と訳されますが、犯罪などによって得た不正な資金を銀行口座を通すことで、キレイな資金に見せようとすることです。このマネーロンダリングを、規制しようとする動きは世界中に広まっており、日本の銀行でも、犯罪行為に銀行口座を利用させないようにしているのです。

ヤミ金は出資法違反の明らかな犯罪行為をしていますから、振込先口座として指定された銀行に対して「この口座はヤミ金のものだから、使わせないようにしてほしい」と申入れるのです。申入れを受けた銀行は、監督官庁に、その事実を通知しなければなりません。この申入れは、個人が行なうことも可能です。

ヤミ金は銀行口座が使えなくなると、商売ができなくなってしまいますので、申入れをするぞと通告するだけで、取立てをやめるなど譲歩してきます。

ヤミ金から暴行を受けた、監禁されそうになった、自宅に居座られて困っているといった緊急の場合には、やはり警察に通報するべきです。警察に出てきてもらって、刑事事件として処理してもらうことです。

また、最近はヤミ金問題に力を入れている司法書士も増えています。弁護士でも警察でも司法書士でもかまいませんから、専門家に間に入ってもらうのが安全で確実だといえるでしょう。

日常生活を送るうえでは、自己破産したからといってほとんど影響はないのです。実際に、自己破産 相談によって借金苦から抜け出すことができ、その後立派に再起した人は数多くいます。

ヤミ金の嫌がらせ期間

ヤミ金対応の弁護士や司法書士の先生に相談、そして警察に相談することでヤミ金の嫌がらせというものがやむということがいわれています。

しかし、このヤミ金の非人道的な嫌がらせという行為は、その業者によって対応が異なるといわれています。では、相談後のヤミ金の嫌がらせ期間はどのぐらい続くのか……。

これを心配している人も多いでしょうから、ヤミ金の嫌がらせ期間がどの程度続くのかということを、いくつかの事例を参考にご紹介させていただきます。

まず、ヤミ金の嫌がらせは警察・弁護士・司法書士に相談することで、即時に取り立てやいやがらせが止む業者がいます。これは法規制が強化されたことで、10年という長い懲役期間が設定されたためであり、この法改正は有効に作用しています。

一方で警察や弁護士、司法書士に相談をしても、ある程度嫌がらせが続くこともあります。こういった業者は捕まることを恐れておらず、足がつかない方法であれば嫌がらせが継続します。

出前が届いたり消防車が来たり、無言電話が続いたりといったことがあります。しかし、これはお金を生む作業ではないため1年も経過すればやむといわれています。事例を見ていても2年3年と続くことはめったにないようです。

出資法の改正で上限金利が20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されることになりました。これにより、利息制限法の上限金利を超える金利帯での貸付けは民事上無効となり、ヤミ金 救済ということもあり、出資法の上限金利を超える金利帯での貸付けは刑事罰の対象になります。